雪ん子パースペクティヴ

読むとちょっとタメになるエントリー。コメントあると嬉しいです。

【Powershell】ディレクトリ内にあるファイル名をテキスト出力する。

ファイルが10個くらいあると、もうコマンド使いたい。

 

はろー、yukiです。

 

ディレクトリ内にあるファイル名の一覧を作成することって、たまにあると思います。

 

例えば、部署ごとに作成したディレクトリ内にある、個人ごとの記録表とかを、提出の有無を把握するため、期間ごとに表を作成し、管理したりなど。

あるいは、開発中のあるソフトウェアの構成で、各ファイルが意味する概要をまとめたり。

 

そのファイルを選択し、名前をコピーし、テキストファイルに張り付け...。

 

まあ、メンドクサイ。

 

Windows系のPCであれば、Powershellを使って、あっという間に完了します。

ということで、今回のタスクはこちら。

ーーーーーーーーーーーーーーー

  1. ディレクトリ内にあるファイルを出力
  2. 出力した内容をテキストファイルに書き込み

ーーーーーーーーーーーーーーー

項目を1と2に分けましたが、コマンドは1行で済みます。

すぐに使いたい方は、下記をコピーしてどうぞ。

 

ls -name > list.txt

 

 

 

それでは、補足説明をしておきます。

 

まず、該当のディレクトリに移動してください。

一番簡単な方法は、リストを作成したいフォルダを開き、パスをコピーして、Powershellで次のようにコマンドを作成。

cd [行先]

もっとも基本的なコマンドなので、説明は不要ですよね。

実行する前には、ちゃんと[行先]が正しいか確認してください。

絶対参照を使えば、間違えることはないので、コピーが安心です。

 

 

次に、ファイル一覧の表示。

ls -name

一覧表示のlsコマンドに、nameプロパティを指定することで、nameのみを抽出します。

 

その後に、表示された内容をコピーし、テキストファイルに自分で張り付けても良いです。

でも、それだと手間なので、ファイルへ出力。

 > list.txt

>はリダイレクトの意味です。ファイル名は任意で、ただし拡張子は.txtですね。

 

 

 

さてさて、内容はいかがでしたか?

(けっこう簡単なので、内容が短くなってしまいました)

現代はパソコンでの仕事が当然なので、少しでも使いこなせるようになりたいですね。

 

ちなみに、今回はファイル名という表現を使っていますが、フォルダでもできます。

ですので、簡単な構成管理も作れてしまうわけですよね。

 

 

以上。