雪ん子パースペクティヴ

読むとちょっとタメになるエントリー。コメントあると嬉しいです。

自分の恋愛傾向を占いではなく、分析で知る方法

歳を取ってからの恋愛って、心がとても痛い。

 

はろー、yukiです。

 

最近(とは言っても2016年6月のものですが)、恋愛に関する本を読みました。

多くの恋愛本が、自己啓発に近く、感情に訴えるようなものだと思います。

日ごろを振り返らせ、「次からはこうしましょう」と自分を改善させる内容などですね。

 

読んでいて、疲れませんか?

 

今回、僕が紹介する本は「異性の心を上手に透視する方法」です。

 

この本は、心理学をベースとしていて、読むとあなたの恋愛傾向が分かります。

人は次の3つのタイプに分かれます。

  1. Sタイプ(Secure:安定型)
  2. Nタイプ(Anxious:不安型)
  3. Vタイプ(Avoidant:回避型)

 

割合で言うと、50%、25%、25%といった感じです。

ですが、恋愛でうまくいかない人は、個人的にはNタイプが多いような気がします。

 

特徴を端的に表すと、

  • Sタイプ -> 親密な関係が基本、距離感の心配もしない
  • Nタイプ -> 相手に夢中、夢中になりすぎて不安な時が多い
  • Vタイプ -> 親密になるほど相手と距離を置きたい、自由が良い

といった感じです。

 

 

そういった分析の根底には【アタッチメント理論】があります。

アタッチメント理論は、愛情理論とも言われ、愛情による行動パターンを分析するものです。

ですので、本書を通して、自分が上記3つのうち、どれに当てはまるかが分かります。

それと、「なぜ恋愛がうまくいかないのか」も論理的に掴むことができます。

 

見た感じ、Sタイプが一番良いように思えますが、本書ではどのタイプでも恋愛はうまくいくものだとしています。

その点、読者を教育しようとしていないので、読んでいて疲れません。

 

 

ただ、本書の流れに、NタイプからSタイプへの変わり方が記されています。

詳細は書きませんが、参考までにSタイプの特徴を少し紹介します。

 

Sタイプの人は、相手(あなた)を次のように扱います。

  • あなたの幸せが第一
  • あなたに秘密を打ち明ける
  • あなたの意見を大事にする
  • (Sタイプの人から)愛され、守られていると(あなたが)感じる
  • 親密さを求めると、愛情で応えてくれる

 

一見、何でもないようなことに思えますが、他の2タイプは根本的に異なります。

Nタイプは「恋愛で傷つきたくない」と思い、Vタイプは「一人になりたい」と思う傾向がある。

だからこそ、NタイプとVタイプの人は、

  • あなたを一番としていないかもしれない
  • 大事なことを話さない
  • 正直ではない
  • (あなたよりも)周囲の人からの印象を大切にする
  • 簡単にけなす

といったサインが見えがちで、もはや恋愛関係でなく、敵対関係にあると言えます。

 

 

さて、ここまでで興味の湧いた方は、書店で立ち読みするか、電子書籍のサンプルを読んでみてください。

 

 

最終章には「結婚」 についても述べられています。

幸せな結婚って人それぞれだと思いますが、他人と同じところで住むので考え付くところは同じですよね。

そうですね。コミュニケーションですよね。

  • 相手に気持ちが伝わる5つの習慣
  • 喧嘩を乗り切るための5つの習慣

これら2つも述べられていて、意識していれば、生活がうまくいくだけでなく、自分も心から変われそう。

 

もはや、顔、お金、といった表面的な部分の話をしていても仕方がない。

とは言っても、世の中的にはそれらが重視されていて...。

でも、それらを持たない人たちでも、本書の行動パターンに沿って分析すれば、意中の人とも付き合えるような。

そんな戦略的な視点からも読んでみてください。

(恋人がいる人は、関係を長続きさせるヒントにいかがでしょう?)

 

 

ちなみに、僕が本書に付属の診断シートをやってみた結果、「Sタイプ」でした。

気になっているあの人も「Sタイプ」でした。

でも、実は「Nタイプ」かもしれない。

そんな時は、「Nタイプ」がどんな人かを読めば良いですよね。

 

 

異性の心を上手に透視する方法

異性の心を上手に透視する方法

 

 

 

以上。