雪ん子パースペクティヴ

読むとちょっとタメになるエントリー。

【まごころサポート】日本のスタートアップに学ぶビジネスモデル【BMC】

高齢者周りは本当にお金が転がっている。

 

はろー、yukiです。

 

内閣府の統計によると、2016年現在、日本人口の27.3%が高齢者なのが現状です。

今後の予測をみてみると、下記の通りになります。

 

2020年:高齢者数3,619万人(28.9%)

2025年:高齢者数3,677万人(30.0%)

2030年:高齢者数3,716万人(31.2%)

 

依然と上昇傾向にあり、とりあえず2065年まで高齢化率が減少することはありません。

労働人口社会保障といった話は別として、この数値はビジネスチャンスと言えます。

(なぜなら増加していることが明確に分かるから)

 

医療、介護、バリアフリー化、生涯学習など、分野は様々にあります。

中でも、彼らの日常生活にスポットを当てたのが「まごころサポート」です。

BMCはこちら。

f:id:yuki_sasano:20180603193124p:plain

・オペレーションサイド

実際にユーザをサポートするのは新聞販売店の従業員です。

そのため、まずは彼らがサポートできるように教育する必要があります。

サポートは資格不要の、草刈りや掃除、諸代行などです。

新聞の勧誘を生業としているので、お手伝いサービスの営業も苦ではないと言えます。

 

 

マーケティングサイド

60歳以上の高齢者がターゲットとなっています。

日常生活の色々を、これまで通りにできなくなった人たちですね

高齢化社会の日本において、そのポテンシャルがなくなることはありません。

 

 

・まとめ

このサービスの肝は、ターゲットが実は高齢者ではないというところにあります。

そうですね。

サービス提供者の新聞販売店です。

 

「まごころサポート」といった単なるお手伝い業務は、敷居を低くしているだけです。

その後、ハウスクリーニングやシニア向け学習塾と、事業を広げさせることが可能です。

専用のIoTデバイスも、彼らに向けて販売します(最終的にはユーザへ)。

同時に、さらなるユーザ獲得のため、テレマシステム導入やHP作成も支援します。

※テレマ...テレホンマーケティングの略

他にも、「ライフプランサポート」として、パッケージングしたサービスを提供。

(初期費用、月額費用の発生)

 

新聞販売だけでは収益を上げられなくなった店舗には、ぜひ導入させたいでしょう。

すでに新聞購読者という顧客が見えているので、営業も楽ですし。

ただし、仕事が増えるので、お手伝い業のアルバイトを雇うことも考えられますね。

 

つまりは、こういうことです。

サポートの実務をする新聞販売店が好調になれば、

サービス提供者の主体であるMIKAWAYA21も、業績を伸ばせるというわけですね。

 

プラットフォームとコンテンツの関係を考えれば、分かりやすいのではないでしょうか。

 

それにしても、新聞販売店って、従業員が高齢化しているような...。

若い人は今時、勤めませんよね?

 

 

サービスのWebサイト↓

 

企業のWebサイト↓

 


以上。