読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪ん子パースペクティヴ

読むとちょっとタメになるエントリー。

【3/29 上場】(株)オークネットを紹介。【3964】

ブックビルディング期間 3/10-16
公開価格決定日 3/17
申込期間 3/21-24
元引受 野村證券(幹事)、みずほ証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券エース証券いちよし証券マネックス証券
上場時発行株式総数 26,269,000株
1単元の株式数 100株
配当基準日 12/31、6/30
大株主 フレックスコーポレーション株式会社
株式会社オリエントコーポレーション
株式会社ナマイ・アセットマネジメント
藤崎清孝(同社代表取締役社長)
藤崎慎一郎(同社取締役兼常務執行役員
藤崎真弘
フレックス株式会社
オークネットグループ従業員持株会
佐藤穂佳
石井孝明
過去3年の純利益(千円) 2013年:285,433
2014年:1,425,679
2015年:279,617

 

概要

2008年3月7日に設立。代表取締役社長は藤崎清孝。

1984年に株式会社エフティーエスを設立。同年、株式会社オークネットに商号を変更する。1985年、中古車TVオークションを開始。1989年、衛星通信(JC-SAT)中古車TVオークションを開始。1993年、二輪車部門の中古車TVオークションを開始。1996年、検査専門子会社となる株式会社オークネット・インスペクション・サービス(現在はオートモビル・インスペクション・システム)を設立。1997年に中古車情報販売オートバンク事業を開始。1999年、中古車流通におけるネット化を目的として、株式会社アイリンクスを設立。2000年に東京証券取引所市場第一部に上場。2001年、ニュージーランドの中古車オークション取引会社「AUCSAT」の経営権を取得。また、中古車代行落札事業会社となる株式会社アイオークを設立。2002年、自動車部用品卸販売会社となる株式会社ランマートを設立。2004年に日本初のブロードバンド・フラワー・オークション(花きオークション)を開始。また、それに伴い、株式会社アバント設立。2005年、中古車販売会員店専用インターネットサービスサイト 「e-Neo(イーネオ)」を開設。2006年に株式会社アドバンスド・コア・テクノロジーを設立。同年、二輪オークション業界初のインターネットオークションを開始。また、仕入れ・小売・業販・買取のポータルサイト「AucNeoStation」サービスを開始。2007年、「鉢物在宅オークション」を開始。また、中古車情報サイト「オークネット.jp」をスタート。2011年、株式会社オークネットメディカルを設立。2013年に中国にて中古車オークション事業に参入。2015年、四輪事業以外の主要5部門を事業会社化した。

 

※今回の上場は、上場日に時価総額250億円以上ならば東証一部に指定される。

上場時発行株式数は26,269,000株なので、約951.7円が境目となる。

 

 

  

サービス

 インターネットを利用したオークションの主催および運営等の情報流通支援サービス事業。

全部で6事業からなる。

 

 

 

また、10ものグループ事業を持つ。

・オートモビル事業

株式会社AIS:四輪中古車・二輪中古車の車両検査・査定及び査定に関する教育研修

株式会社アイオーク:インターネットによる中古車情報ビジネス

株式会社ランマート(RUNMART):自動車部品及び自動車用品の卸販売

株式会社オークネット・セールスアンドサポート:オークネット四輪事業サービスの販売及び仲介業務の受託業務

株式会社オーク・フィナンシャル・パートナーズ(AFP):中古車保証サービス、自動車保険サービスの商品開発及び運営

 

・モーターサイクル事業

株式会社オークネット・モーターサイクル: バイクオークション等の運営サポート業務

 

・アグリ事業

株式会社オークネット・アグリビジネス:フラワーオークション等の運営サポート業務

 

・デジタルプロダクツ事業

株式会社オークネットデジタルプロダクツ:デジタル機器のデータ消去、検査、運搬の受託業務、仲介並びに輸出入業務

 

・コンシューマープロダクツ事業

株式会社オークネット・コンシューマープロダクツ:ブランドオークション等の運営サポート業務

 

・ITプラットフォーム提供事業

株式会社オークネット・アイビーエス:オークション運営等のシステムサポート事業

株式会社アドバンスド コア テクノロジー:インターネットのコア技術の研究開発とコア技術を利用したIT関連総合的サー ビスの提供

 

・海外事業

AUCNET HK LIMITED:香港・中国及び東南アジア地区向けにオークネットグループのサービスを提供

 

・オークションサポート事業

株式会社アイ・エヌ・ジーコミュニケーションズ:中古車オークションに関連する諸業務

JBTV株式会社:衛星通信を利用したネットワーク構築、運用保守サービス及びヘルプデスクの運営、エネルギーソリューションサービス

 

・医療機器事業

株式会社オークネットメディカル:医療機器の検査、運搬の受託業務

 

・業務受託事業及びコンサルティング事業

株式会社オークネットアドバンス: 業務受託事業及びコンサルティング事業

 

 

考察

とにかく大きな企業。グループ全体の従業員数は2015年時点で551名となっている。

事業・グループも多岐にわたっているが、基本的にはオークションを主としている。

取り扱うのは中古車、バイク、花き、ブランド品、デジタル機器、医療機器。

これらを査定の段階から加わり、オークションのWebサイトを設け、仕入れた商品を流通させる。

特に中古車に関して、自動車メーカーの子会社と提携を結び、着実に成績を伸ばしている点から地盤の強さがうかがえる。

 

 

もう一言

グループ企業が実に多いと感じた。2015年時点でグループ全体の売上高は19,299,275千円。営業活動によるキャッシュ・フローは8,050,918千円。単体で見た時は10,050,655千円となっている。

同社は一度、東証一部に上場しているので、経営基盤は強いと思われる。

ちなみに、上場廃止となったのは2008年、経営陣による企業買収(MBO:Management Buyout)実施のため。この理由に、同社は中長期的な企業価値向上のためとしている。

この背景に、1995-2004年の間の中古車市場の低迷があり、大幅な減収によって株価の減少が見込まれていた。

つまり、株価が極端に安くなり、他人資本が大きくなってしまう前に、経営陣が自社株を買い、経営権を守った。そして現在、経営が安定させるに至ったということ。その数字が営業キャッシュフロー

 

 

以上。