読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪ん子パースペクティヴ

読むとちょっとタメになるエントリー。

【3/22 M上場】(株)エスキュービズムを紹介。【3982】

ブックビルディング期間 3/3-9
公開価格決定日 3/10
申込期間 3/13-16
元引受 みずほ証券(幹事)、SBI証券SMBC日興証券大和証券マネックス証券、岩井コスモ証券
上場時発行株式総数 2,122,800株
1単元の株式数 100株
配当基準日 9/30、3/31
大株主 籔崎敬祐(同社代表取締役社長)
電通デジタル投資事業有限責任組合
MICイノベーション3号投資事業有限責任組合
株式会社EPARK
神谷浩之
エスキュービズム従業員持株会
株式会社SUI
株式会社アセットインベスター
武下真典(同社取締役)
瀧本崇
過去3年の純利益(千円) 2014年:-43,132
2015年:33,535
2016年:50,108

 

概要

2006年5月11日に設立。代表取締役社長は籔崎敬祐。

 

ビジョンは「よいモノを普及させる仕組みを創ることで、自らの手で世の中を変えていきます。」。

 

 

サービス

オムニチャネルプラットフォームの構築、家電製造販売、中古車販売。

 

IoTインテグレーション事業パッケージ事業ECサイトやPOSシステム構築など)、アプライアンス事業(家電の製造・販売等)を中心としている。

パッケージ事業では、ECサイト構築の「EC-Orange」や既存サイトのCMS化の「AKAMON」を提供。

家電製造では冷蔵庫・冷凍庫や液晶TVなど様々に用意。

中古車販売仕入れから売却まで平均30日間と在庫回転率の高さから販売価格の低下を実現している。

 

 

考察

多角的経営と言える。

同社代表の言葉に「100%の正しさを目指す事業を考えるのではなく、今の世の中を1%でもよくする事業を展開していく」とある。この言葉から分かるように、専門性の高い分野を保持するというよりは、日常にある物事をリニューアルしていくという方向性が強い。

だからこそ、様々な方面に事業を広げていっている。

 

 

もう一言

「小売×マーケティング」の情報サイト(「オムニチャネル最前線」)を公開している。各社の取り組みを記事として取り上げる中で、自社サービスも宣伝していく。

言わば、宣伝のためにこうしたポータルサイトを用意するのも普通のことになったように思う。

 

繰り返しになるが、【考察】でも述べたように、同社は多角的な部分が魅力なので、その勢いが減少した時に成長も停滞するだろう。

グループ全体で従業員数は149名。同社の成長速度を見る上で、人員の増加も一つの指標となるだろう。

現在の従業員の声はこちら。動画に出てくる従業員の口調や言い回しがベンチャーっぽいと言うか学生っぽいと言うか(とは言っても、同社はベンチャーですね)。

 

 

以上。