読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪ん子パースペクティヴ

読むとちょっとタメになるエントリー。

【3/16 M上場】(株)うるるを紹介。【3979】

ブックビルディング期間 2/28-3/6
公開価格決定日 3/7
申込期間 3/8-13
元引受 野村證券(幹事)、SMBC日興証券大和証券みずほ証券いちよし証券エース証券丸三証券マネックス証券、岩井コスモ証券岡三証券
上場時発行株式総数 3,049,800株
1単元の株式数 100株
配当基準日 9/30、3/31
大株主 星知也(同社代表取締役社長)
ニッセイ・キャピタル5号投資事業有限責任組合
桶山雄平(同社取締役副社長)
株式会社みんなのウェディング
鈴木秀和(同社監査役
小林信輔(同社取締役)
長屋洋介(同社取締役)
野坂枝美
星和美
うるる従業員持株会
過去3年の純利益(千円) 2014年:13,372
2015年:-128,107
2016年:-358,162

 

概要

2001年8月31日に設立。代表取締役社長は星知也。

※社長について参考になる過去はこちら

 

2001年に札幌で設立後、2003年にBPO(Business Process Outsourcing)データ入力サービスの営業を開始し、2004年に「データ入力代行サービス」の運営を開始。同年、東京に営業所を設ける。2006年に「スキャニングサービス」を開始し、2007年にクラウドソーシングサービス「シュフティ」を開始。2008年に入札情報速報サービス「NJSS」を開始。2012年に「幼稚園・保育園こだわりナビ」を開始。2014年にBPO事業部を分社化し、持株100%の子会社とする。また、「KAMIMAGE」「園ナビフォト」をリリース。2015年に「クラプリ(Cloud Photo Print)」を開始。2016年に空き家情報データベース「空き家活用ポータル」を開始する。

 

ビジョンは「人のチカラで 世界を便利に」。

 

 

サービス 

CGS事業(クラウドワーカーを活用した事業)の運営等。


CGS(Crowd Generated Service)事業には下記のとおり、5つのサービスを持っている。

他にも、BPO事業ではデータ入力・スキャニング・DM発送・コールセンター代行・事務局運営代行・ECサイト運営代行などを行う(株式会社うるるBPOとして子会社化されている)。

また、クラウドワーカーと企業のマッチングサイト「シュフティ」をクラウドソーシング事業として展開している。

 

 

考察

同社のベースは、庶務の請負にある。その事業は10年以上もの実績があり、分社化してもなお同社の柱となっている。

この事業から、「細かなタスクは正規社員にとって手間となること」「企業は外部委託を望んでいること」「細かなタスクの処理に特化した人材が労働市場にいること」などの要因を見出し、クラウドワーカーをはじめとした非正規の人材を活かすマッチングサービスを生み出したものと思われる。

また、クラウドワーカーが持つスキルの専門性に着目し、CGS事業として複数にわたるサービスを展開できている。

同社の今後の発展は、このクラウドワーカーへの着目にあるだろう。

 

 

もう一言

特に「シュフティ」はそのネーミングからも分かるように女性の労働力を中心に考えられたサービスだ。

多様な働き方が世の風潮として起こっているように、今後は非正規人材の増加が予測される。

増加と同時に、同社はさらにCGS事業を多岐にわたって展開していくことだろう。同社への期待はそうした将来を見据えてのことだと思う。 

 

 

以上。