雪ん子パースペクティヴ

読むとちょっとタメになるエントリー。

【3/7 M上場】(株)ロコンドを紹介。【3558】

ブックビルディング期間 2/17-23
公開価格決定日 2/24
申込期間 2/27-3/2
元引受 野村證券(幹事)、大和証券マネックス証券SBI証券SMBC証券、みずほ証券、岩井コスモス証券
上場時発行株式総数 5,170,360株
1単元の株式数 100株
配当基準日 8/31、2月末
大株主 株式会社アルペン
アント・リード・グローバル投資事業有限責任組合
ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合
テクノロジーベンチャーズ2号投資事業有限責任組合
アント・リード2号投資事業有限責任組合
WiL Fund I, L, P.
田中裕輔(※同社代表)
Sparrowhawk Partners, Inc.
過去3年の純損失(千円)

2014.2:-517,614

2015.2:-635,223

2016.2:-209,763

 

概要

2010年10月22日に設立。代表者は田中裕輔。

同社は次の3事業を柱としている。ECサイト事業では、「LOCONDO.jp」の運営の他に、アウトレット商品の取り扱いや楽天・Yahooなど他のECサイトでも販売網を持っている。プラットフォーム事業では、取扱いブランドを顧客にECサイトを開発し、また店舗運営や広告活動、欠品の代理発送などを行う。メディア事業では、ユーザーに対するプロモーションや、外部メディアとのコラボレーション企画を行う。

「総合ファッションインターネットカンパニー」を目指す。

 

 

サービス

通販サイト「LOCONDO.jp」の運営、プラットフォームサービスの提供。

LOCONDO.jp」のテーマは、顧客の「ほっこり。」とした満足感にある。それを実現するために同社では、即日出荷、送料、サイズ交換、返品送料、会員費用を無料サービスとして提供している。

特に返品サービスを通して、ユーザーは自宅でんコーディネートや家族・友人からのアドバイスの機会を得られる。

 

 

考察

インターネットで靴を購入するのは敷居が高い。そう思わせる大きな要因はサイズにある。同社のサービスでは、自宅でサイズを確認でき、返品も無料で対応してくれる。この点が他のECサイトと差別化になり、またユーザーの購買意欲にもつながっている。

 

 

もう一言

LOCOCHOL」についてはもう少し同社から情報開示があっても良かった。

Yahooのストア楽天のストア。

靴のEC販売からスタートしたのでその取扱いブランド数は多いのだが、それよりも靴の無料返品サービスが同社のキーとなっている。

 

ちなみに、僕は2012年にロコンドを利用し、ドクター・ショールのサンダルを購入した。

 

 

以上。