読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪ん子パースペクティヴ

読むとちょっとタメになるエントリー。

【取材商法】メディアの運営者について調べた。

被害を訴え出るなら、虚偽の事実を形として残すこと。

 

はろー、yukiです。

 

前回の「取材商法」記事でお伝えしましたように、大切なのは数値化した効果を尋ねることです。

  1. 販売数
  2. アクセス数

知名度のない媒体は、上記2つの数字が弱いですので、電話・メールでアポイントメントを受けた際には尋ねましょう。

 

さて、今回は「取材商法」を行う団体にフォーカスして取り上げてみました。

世の中に仕事はたくさんありますし、現在は売り手市場なので選ぶ方が有利。また、メディアは個人で制作・運営できる時代です。それにもかかわらず、サービスを提供し続ける団体・個人の心境がよく分かりません。

 

全てを紹介することは難しいので、Google Search Consoleの検索アナリティクスで上位に挙がった二社に絞りました。

 

リーダーズアイ

リーダーズアイ」は、株式会社報道通信社が発刊主体。

同企業の母体は国際通信社グループとなっており、グループ全体の経営者は安楽友宏。

http://higashikuniprize.org/images/TAnraku.jpg

※クリックで画像もとへ。

2016年4月に東久邇宮国際文化褒賞を受賞したそうです。

※同賞の授与者は(財)東久邇宮文化褒賞記念会で、2011年に設立された。ちなみに、「東久邇宮記念賞」や「東久邇宮文化褒賞」といった賞も他の団体で運営されている。 


 従業員はどのような感じかというと、転職サイトが参考になります。

 

 

取材方法の評判は、個人の方々がWebサイトやブログで公開しています。

Amazonのコメントにも。

Yahoo知恵袋

jpnumber 電話番号検索。

個人の方だとこちら。

 

 

リーダーズアイ」で検索した際、下記のWebサイトが表示されます。

こちらはネガティブな記事がランキング上位にあるのを防ぐ手段。Webサイトのつくりも中途半端で、コンテンツの内容も文章になっていません。いわゆるSEO対策で、「リーダーズアイ」というワードを多用しています。

WordPressで作成。

Bloggerで作成。

Seesaa Blogで作成。

gooで作成。

それから、Amebaブログで作成。


※数多く出せば壁にでもなると思ったのかな。

 

 

 ちなみに、国際通信社グループは大きく、ボードゲームにも着手しています。

それがこちら。

アニメ好きな方を中心に、同題材の映画がロングランしたことが記憶に新しいですね。

 

 

カンパニータンク

カンパニータンク」は、国際情報マネジメント有限会社が発刊主体。

代表者は八木阿津子。

http://www.companytank.jp/wp-content/uploads/2013/04/201406041.jpg

※クリックで画像もとへ。

Webサイト「B-plus」の運営もしている。

 

従業員はこんな感じ。

カイシャの評判は、現社員の口コミに注目。

ブログに掲載されていた写真。※クリックで画像もとへ

スタッフ紹介。


取材方法の評判は、個人の方々がWebサイトやブログで公開しています。

Yahoo知恵袋

jpnumber 電話番号検索。

個人の方だとこちら。

 

カンパニータンク」のブログなどもあります。

 

 

二社を調べてみて分かったことは、むやみなテレアポはトラブルを生みやすいということですね。

電話をかける方もかけられる方もデメリットの方が大きい。

営業スキルが身に着くかと言えばそうとは言えず、電話応対そのものは基本的な業務として一般的な職場で身に着きます。法人格を相手にしているからと言っても、それは法人営業ではなく、やはり電話営業に過ぎないというところでしょう。

 

では、制作など裏方はどうかと言えば、悪い評判を抱えたまま続けているので能力はそれほど高くないと思います。

メディアはイメージが大切です。悪いイメージを払拭するような企画を実現できていないのは制作側の落ち度。また、そうしたメディアに在籍している点から向上心の低さがうかがえます。

 

 

でも、まあ、悪い評判がたっても事業を継続できているので、今後も縮小こそすれどなくなりはしないビジネスモデルなんだと思います。

※見方でいえば、アムウェイも「ネズミ講」という切り口で叩かれますが、アフェリエイトや個人客を媒介として自社製品を直販できるモデルの参考として書籍に取り上げられますし。

 

あと、調べる中で、取り上げられた企業・事業主は「釣られた」や「信用できない」という文言が胸に響きました。

 

 

以上。