雪ん子パースペクティヴ

読むとちょっとタメになるエントリー。

Unity チュートリアルをした ※version5.1です。

こんにちは。

前回、Unityの開発環境をパソコンに用意してから、「何を作ろう」と考えた時、まずは使い方を知る必要があると思いました。

Unityについて書かれた本は多数ありますが、個人的には、本を買う前にまずは公式のチュートリアルで自分の理解・興味度を測る必要があるだろう、と。

 

それで、今回はUnity公式Webサイトの最も初歩的なチュートリアルを紹介したいと思います。

ただし、詳細と解説は公式に頼るとして、今回、僕がするのは公式がUniity5.1に対応していないために詰まってしまった箇所の解説です。

 

 まずは、公式サイトへ。

f:id:yuki_sasano:20150806222728j:plain

 

クリックしたらここへ。

f:id:yuki_sasano:20150806222749j:plain

はい。

見て分かる通り、第4回は公開されていません。

ですが、ゲームを作るのであれば、第2回まで、音や色がほしい場合は第3回までで間に合います。

 

ちなみに、第3回までやると、以下のようになります。

f:id:yuki_sasano:20150806222922j:plain

 

繰り返しになりますが、詳細は公式へ。

 

では、一体、僕は、どこで、詰まったのか。

第1回目に登場する「ボールに初速を与える」スクリプトです。

公式では以下のようになっています。

var Speed = 20.0;
	function Start () {
		Rigidbody.AddForce(
		( transform.forward + transform.right ) * Speed,
		ForceMode.VelocityChange );
	}

 

 ですが、このコードでは、Unity5.1ではエラーが生じます。

大体こんな感じに。

 

'AddForce' is not a member of 'UnityEngine.Component'.(BCE0019)

 

それで、こうしてくださいと出る。

 

Use GetComponent<Rigidody>() instead.

 

結論からいえば、以下のようにすれば、うまくいきます。

var Speed = 20.0;
var rb = GetComponent.<Rigidbody>();
	function Start () {
		rb.AddForce(
		( transform.forward + transform.right ) * Speed,
		ForceMode.VelocityChange );
	};

 つまり、先ほどのエラーで代わりに使ってくださいと言われた「GetComponent<Rigidody>()」を、rbに代入し、

そのrbでメソッド"AddForce"を使用するわけです。

これに関し、参考にするならココ

 

 "AddForce"はかなり基本的なことで、後にも出てきます。

詰まった方、参考にしてください。

 

 他にもコードは出てきますが、エラーが出ることなく、すんなり進められると思います。

それでは、簡単だけど、ゲームが自分の手でできた嬉しさを、ぜひ味わってください。 

 

 

以上。

 

次回は、Asset Storeを利用します。お楽しみに。